2007年03月25日

フィギュアスケート(女子)世界選手権、安藤美姫が逆転優勝! 浅田真央は2位

前日(3/23)のショートプログラムで首位だった韓国の金妍児(キム・ヨナ)は後半崩れ、高得点を上げられず惜しくも優勝を逃した。ショートプログラムで失敗し、出遅れた浅田真央はフリーで最高得点を得たが、僅かに及ばず2位となった。フリーで最終滑走者となった安藤美姫は4回転を跳ぶのをやめ、安全策で勝ちに行き、優勝をさらった。
2007-03-24M.jpg
  銀メダルの浅田真央、金メダルの安藤美姫、銅メダルの金妍児(キム・ヨナ)

終わってみれば安藤の優勝で波乱に満ちた今回の世界選手権は幕を閉じたが、滑走順のくじ運が大きく明暗を分けた試合であった。ショートプログラムでは後から滑った浅田真央がパーフェクトに近い二人の演技を見てプレッシャーを感じたのか、実力を出せなかった。フリーでは先に滑った金妍児(キム・ヨナ)が負傷後のスタミナ不足もあったようだが、ミスをしたら安藤に逆転されるのではないかとのプレッシャーで思わぬ転倒を招いてしまった。安藤はそれを見てコーチの指示通り4回転ジャンプは封印して安全策を採った。浅田真央に優勝をさらわれるリスクもあった筈だが、前日の貯金を計算すると勝てると読んだのだろう。

それにしてもメンタルな要素の多いゲームではある。安藤は4回転をチラつかせて、最後はその宝刀を抜かずとも勝てる実力があったと言うべきであろうか?
posted by Pegasus at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。